読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルPerl のメモ

catと同様の動作をする

$ perl -w -e 'while(<>) { print; }' file file2
abc
def

$ perl -wnl -e 'print;' file file2
abc
def

$ perl -wpl -e '' file file2
abc
def


#---
perlの重要な起動オプション(P16)

  • e
  • w
  • n
  • p
  • l
  • 0


#---
perlの起動のオプション詳細

  • n: 入力を処理する

$ sed 's/^/ /g' file
123
456

perlで表すと以下

$ perl -wnl -e 's/^/ /g; print;' file
123
456

  • p: 自動出力

$ perl -wpl -e 's/^/ /g;' file
123
456

  • l: 行末を処理

$ perl -wn -e 'print $.;' three_line_file
123

  • lオプションを省略すると、改行が付与されない


$ perl -wnl -e 'print $.;' three_line_file
1
2
3

  • lオプションを使わないで同じことを実行

$ perl -wn -e 'print $., "\n";' three_line_file
1
2
3


#---
入力レコードセパレータの変更

デフォルト

レコードが行単位
$ perl -wpl -e 's/^/ /g;' memo
This is the file "memo", which has these
lines spread out like so.

And then if continues to a
second paragraph.


ファイル全体が1つのレコード

$ perl -0777 -wpl -e 's/^/ /g;' memo
This is the file "memo", which has these
lines spread out like so.

And then if continues to a
second paragraph.


本当は、段落がレコード?

$ perl -00 -wpl -e 's/^/ /g;' memo
This is the file "memo", which has these
lines spread out like so.

And then if continues to a
second paragraph.

入力レコードセパレータの特殊文字:$/


#---
特殊変数

$_
最後に読み込んだ入力レコード

$.
現在の行番号


$ perl -wnl -e 'printf "$.: "; print;' file
1: 123
2: 456

1つのprintだけを使う場合

$ perl -wnl -e 'print "$.: $_";' file
1: 123
2: 456


#---
モジュールをロードする

$ perl -M'Text::Autoformat' -00 -wn -e 'print autoformat "$.: $_", { right => 60 };' memo


#---
ワンライナーバージョンをPerlスクリプトで記述
$ perl -wnl -e 'print;' file
123
456

$ ./perl_cat file
123
456

$ cat perl_cat
#!/usr/bin/perl -wnl
print;


#---
バックスラッシュ
$ perl test.pl
Spendy's restaurant saves you $$$
Haru@Haru-PC ~/perl

$ cat test.pl
#!/usr/bin/perl

print 'Spendy\'s restaurant saves you $$$';
→ネストしたシングルクォートをリテラル文字として扱う

#---