読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu を アクセスポイント化しよう

Linux無線LANが使用できる環境なら、簡単にそのLinux PCをアクセスポイント化できます!
Linuxすげ〜。。これには感嘆しました!早速その恩恵にあやかりましょう!笑

手順

1.Network-Managerの無効化

$ sudo stop network-manager
$ sudo -i
# echo "manual" | tee /etc/init/network-manager.override

関連
How to disable Network Manager on Linux - Xmodulo
NetworkManager - Community Help Wiki

※補足
私はこれにハマりました。。
これをしないと hostapd -dd /etc/hostapd/hostapd.conf でhostpdの動作確認を行うと、”nl80211 driver initialization failed.
”というエラーになります。
どうやら、無線LANのドライバはNetwork-Managerによって制御されてしまうようなので無効化します。


2.パッケージのインストール、設定ファイルの作成、動作確認

$ sudo apt-get install hostapd 
$ sudo -i
# zcat /usr/share/doc/hostapd/examples/hostapd.conf.gz > /etc/hostapd/hostapd.conf

※hostapd.confの編集は、以下のサイトに倣って編集。(ssid, wpa_passphraseは適宜変更。セキュリティを高めるためwpa_pairewise=CCMPに変更)

http://cberner.com/2013/02/03/using-hostapd-on-ubuntu-to-create-a-wifi-access-point/

hostapdのinitscriptでhostapd.confのパスを指定

$ sudo vi /etc/default/hostapd

DEMON_CONF="/etc/hostapd/hostapd.conf"

関連
Ubuntu 12.10 を無線LANルーターにする - @tmtms のメモ

WPAでAPを作ろ~! (ゆうちくりんの忘却禄)


ここまででひと通りhostapdの設定は完了なので、動作確認をしてみましょう!

$ sudo hostapd -dd /etc/hostapd/hostapd.conf


エラーがでなければ起動しましょう!

$ sudo hostapd start

これで一先ずAP化することはできました。


あとは、無線LANクライアントをインターネットに接続するための設定をすることで、無線LANルータとして使用できます!<追記>
hostapdを自動起動するには、/etc/init.d/hostapd に DAEMON_CONF=/etc/hostapd/hostapd を設定すれば良いです。
(デフォルトでは、DAEMON_CONFには何も設定されてません)

以下を参照しました。unix.stackexchange.com


そのためのDHCPサーバの設定や、NATの設定は以下で書いてますので参照ください。

UbuntuでNATを有効にしてルータ化する - maruchan_shiro123’s blog

ubuntu で dhcp-server を構築 - maruchan_shiro123’s blog


それにしても、アクセスポイント買わなくてLinuxでまかなえちゃうとは。。
それにwiresharkをインストールすれば、無線LANのパケットも見えて、勉強にもなるし。。!
ありがたや〜